top of page

国語は大事

更新日:2023年7月10日

国語は大事。

入塾されるときに「算数が好き!」「理科が得意!」といったお子様は多いのですが、「国語が得意!」と言う子はあまりにも少ないです。小学生からスマホを持ち、本は読まない、友達とLINEはしても、お父さん、お母さん、そして、周りの年上の人と直接会話をする機会はほとんどない。こうなると、自分の範疇を超えた難しい言葉に出会うことがなくなってしまいます。私たちは、物事を思考するとき、必ず、言葉で考えます。その大切な言葉、すなわち語彙が不足しては考える力が育つわけがないのです。語彙力をつけ、考える力をつける。これが読解力を身につけるということです。

小学生から中1の間に読解力が身についていない子は中2、中3と進級するにつれて、特に英語と数学につまずいてしまいます。また、理科も社会には直接語彙力が、影響してきます。専秀ゼミの生徒たちは、小学生から中1にかけての最も重要時期に、読解力を高めておくことで、中学に入ると、小学生の時は苦手にしていた教科でも急激に学力が向上させています。

専秀ゼミナールでは、小学校6年生・中学1年生を対象に、夏期講習受講生を募集しております。まだ、各学年3名づつ募集枠がございます。是非お問合せください。

https://www.senshu.info



閲覧数:194回

最新記事

すべて表示

新中1生 生徒募集

3月1日金曜日から、新中1生対象の入学準備講座が始まります。また、席に余裕がありますので、入塾をお待ちしております。 満席で、入塾いただけない状態が続いております現中2生に、春期講習から1席空きができます。入塾希望の方はお早めに連絡下さい。

2学期末テスト結果より

学習内容が難しくなり、学力差が大きくなる2学期ですが、専秀ゼミ生徒たちは素晴らしい結果を残してくれました。 (中学1年生) 桑原中では、学年1位、2位を含む6名が学年10位以内に入り、20位以内には計10名となる頑張りを見せてくれました。道後中で10位以内、附属中でも20位以内に専秀ゼミ生が入っています。 (中学2年生) 桑原中では、1年生と同様に、学年1位、2位を含む6名が学年10位以内に入り、

Commentaires


bottom of page